何でも買えるスカーレット・ヨハンソンがスキンケアに使ったのは誰も買える安価なリンゴ酢!

ハリウッド女優のスカーレット・ヨハンソンScarlett Johanssonは、海外の有名な雑誌でのインタビューで美肌を維持するためにリンゴ酢をトナーとしてスキンケア・ルーチンの中で使っていることを話しました。

海外のスキンケア方法で使われるトナーの役割
海外のスキンケア情報や、海外コスメの中でも気になるのはトナーという存在です。日本では聞くことがありませんし、日本のメーカーのスキンケアセットにもトナーというものは入っていません。トナーとはなんなのか、みなさんの疑問にお答えします。

世界で最も高価なスキンケア製品をいくらでも購入する余裕があるハリウッドセレブが、あなたでも簡単に買うことができる安価で伝統的なリンゴ酢をトナーに使っていたのは衝撃的で、大変な驚きです。

この記事では、リンゴ酢とは?リンゴ酢をどのようにトナーとして使用するの?美肌のために肌の内部にリンゴ酢を取り込むメリットとは?という疑問についてお答えしていきます。



リンゴ酢(アップルサイダービネガー)とは?

リンゴ酢は海外ではアップルサイダービネガーと呼ばれ、りんごの糖分が酢に変わるまで、リンゴジュースを発酵させて作られています。世界中で多くのリンゴ酢が販売されていますが、中でも重要なのは、有機栽培された上質のリンゴを原材料としており、加熱されていない、濾過されていない、殺菌されていないことです。日本で市販されているリンゴ酢は濾過されていますが、海外では濾過されておらず加熱殺菌されていないリンゴ酢が多く売られています。

マザーを含んだ海外でメジャーなリンゴ酢(アップルサイダービネガー)はamazonで手軽に購入出来ます。1本(946ml)だけだと1100円+関東への送料500円=1600円ほどするので割高ですが、4本以上で購入すると送料無料になるのでお得です。

*楽天などには同じブランドで送料込み1本1000円ほどのアップルサイダービネガーが見つかりますが、内容量が半分しかないので、間違って購入しないように。現状では通販はamazonでの946mlの4本以上のセット購入が1本あたり一番安く購入する方法です。

ご紹介したようなリンゴ酢には「マザー」と呼ばれる繊維が含まれており、マザーはリンゴ酢の瓶の底に曇った濁りとして見え、有益な酵素、ペクチン、微量鉱物などが多く含まれています。りんご酢を飲む前には、ボトルをよく振って底に沈殿したマザーをリンゴ酢全体に行き渡らせる必要があります。

リンゴ酢にはリンゴ酸が多く含まれているので、抗菌性、抗ウイルス性および抗真菌性の性質を持ち、それがあなたの肌にとってとても良いものになる大きな部分です。

リンゴ酢を毎日飲むと起こる12の健康的な効果
ここでご紹介するのは、ろ過されていないマザーが含まれるりんご酢による一般的に知られているリンゴ酢(アップルサイダービネガー)を飲む価値がある12の理由です。リンゴ酢は毎日のより多くのエネルギーとなり、より良い体を作り、あなたの健康を改善します。

リンゴ酢をトナーとして使う方法

海外のスキンケア方法で使われるトナーの役割
海外のスキンケア情報や、海外コスメの中でも気になるのはトナーという存在です。日本では聞くことがありませんし、日本のメーカーのスキンケアセットにもトナーというものは入っていません。トナーとはなんなのか、みなさんの疑問にお答えします。

リンゴ酢は酸度が高いので、初めてトナーとして使用する場合には十分に希釈し、徐々にリンゴ酢の濃度を増やしていくことをお勧めします。

  1. リンゴ酢をトナーとして使うには、小さなボウルを用意して、そこにリンゴ酢と温水を1対3の割合になるように入れます。あなたの肌の状態に応じて、リンゴ酢とお湯の割合は1対2あるいは1対1にすることが出来ます。
  2. 肌が敏感な人は1対5ほどに希釈したリンゴ酢トナーを作り、それを肌の目立たない場所に少しだけ塗り、1時間放置して肌に異常が出ないことを確認してから使いましょう。
  3. リンゴ酢を混ぜていない単純なぬるま湯で顔をはじくように洗顔してから、きれいなコットンウールのボールまたはパッドを、1.で作ったリンゴ酢を希釈した温水に浸してください。 リンゴ酢を浸したコットンを穏やかな上向きのストロークで顔と首をきれいにしていきますが、左右の頬や鼻、額など部分ごとにコットンの新しい部分を使うようにします。
  4. その後10〜20分間放置してからリンゴ酢トナーを洗い流して、次にホホバオイルなど天然のケミカルフリーモイスチャライザーなどを使用していきます。

リンゴ酢の美肌効果

前述したように、リンゴ酢は、にきびや皮膚の感染症を防ぐのに役立つ抗菌性と抗真菌性を持っています。また、過剰な皮脂を除去することはもちろん、肌のpHレベルのバランスを助けると言われており、皮脂の生成を正常化にも役立ちます。

さらにリンゴ酢には強力なアルファヒドロキシ酸も含まれています。アルファヒドロキシ酸は、死んだ肌の細胞を取り除き、よりクリアで健康的な肌へと導きます。

アルファヒドロキシ酸とは、乳酸やグリコール酸などの総称で、りんごなどの果実にも多くた含まれる成分で、別名フルーツ酸とも呼ばれています。トナーなど適量配合される事で、古い角質を取り除きやすくし、角質を柔らかくして、肌の新陳代謝を正常にする効果があります。ただし皮膚が薄く過敏な方が高濃度のアルファヒドロキシ酸を含むトナーを使うと、赤みや湿疹などの原因となるので注意が必要です。

シミやイボ対策にもリンゴ酢が効く

スカーレットヨハンソンがこの二つの症状を治療する必要があるように見えませんが、海外ではリンゴ酢は加齢によるシミやウイルス性のイボの治療薬として推奨されています。

リンゴ酢をシミ対策に使う場合は、少なくとも1か月間、1日数回、シミに直接希釈していないリンゴ酢を塗ります。肌が敏感な人は、正常な肌にリンゴ酢が付くと炎症を起こす可能性もあるので、綿棒などを使って、シミだけにリンゴ酢がつくように気を付けます。

リンゴ酢に新鮮なオレンジジュースやタマネギジュースを混ぜて1日数回服用することで良い結果が得られる人もいます。

ウイルス性のイボの治療薬としてりんご酢を使うことも海外では一般的に行われます。りんご酢でイボを取る方法は、小さなコットンボールボールをりんご酢に浸し、それをテープまたはバンドエイドを使用してイボに貼り付けます。
これを1日1回朝に行いますが、迅速な効果を求めるなら、夕方にもりんご酢を含ませたコットンボールを新しいものに交換します。

多くの人々が、このりんご酢の治療が1週間でウイルス性のイボを消失させると報告しています。イボが消失する前に黒く変色することがあります。また、イボがなくなったように見えても、再発しないことを確認するために、さらに1週間治療を続けることをお勧めします。

より良い肌のためにりんご酢を飲む

長期的には、私たちが体内に入れたものは、私たちが身につけたものよりもさらに肌に影響を与えます。肌の調子が悪くなる主な原因の1つに消化と解毒の問題があります。

本来であれば肝臓が正常に機能してあなたの体内の毒素をすばやく排除するはずです。しかし、過度の仕事や消化不良などにより肝臓の機能が低下して体内の解毒作用が滞ると、すぐに肌の調子が悪くなります。

1日2回、朝夕食前に大さじ1杯または2杯の有機リンゴ酢をコップ1杯の水で希釈して飲むと、体の解毒作用を高めて、毒素の排出もスムーズになるので、肌への負担が軽減されていきます。皮膚細胞が再生するのに時間がかかりますが、リンゴ酢を飲むと肌の色調が良くなり、肌が改善したという報告がたくさんあります。

まとめ

リンゴ酢は、ここでご紹介した美肌効果以外にも多くの役立つ効果があります。免疫力を高めたり、体重減少、血糖をコントロールしたり、腸の働きを改善することなど、リンゴ酢に起因する健康上の多くのメリットがあります。詳しくはリンゴ酢を毎日飲むと起こる12の健康的な効果で読むことができます 。

リンゴ酢を毎日飲むと起こる12の健康的な効果
ここでご紹介するのは、ろ過されていないマザーが含まれるりんご酢による一般的に知られているリンゴ酢(アップルサイダービネガー)を飲む価値がある12の理由です。リンゴ酢は毎日のより多くのエネルギーとなり、より良い体を作り、あなたの健康を改善します。

トナーとして使用する有機リンゴ酢をお探しなら、マザーを含んだリンゴ酢をおすすめします。

リンゴの酵素がスキンケアに役立つように酵素洗顔が今話題です

タンパク質である皮脂汚れを酵素の力でスッキリ洗い落してくれる酵素洗顔を試してみるチャンス到来です。この機会をお見逃しなく!

クレソワン酵素洗顔を1回試したら毛穴汚れが落ちて驚きの効果が出た体験談
酵素の泡の力で肌のたんぱく質汚れをしっかりと落とし、美容液や化粧水がぐんぐん入っていく肌下地を作るクレソワン酵素洗顔スノーパウダーウォッシュをご紹介。30歳を過ぎてターンオーバー期間が乱れて古い角質が残り、コラーゲンが減少していくことで、ハリがなく小じわが目立つようになる年齢肌を美しく蘇らせます。



スキンケア
副管理人をフォローする
この記事を書いた人
副管理人

このサイトの運営管理を手伝っている副管理人です。自分でも以前から美容健康ネタを扱うサイトを持っていましたが、ステマやコピペサイトばかりが検索上位に表示される嫌な世の中を悲観して休憩中。管理人さんの「みんなをキレイにしてあげたい」という熱意を応援しています。

副管理人をフォローする
美しく輝く魔法をあなたへ

コメント