馬油はカサつきベタつき乾燥肌を改善する効果に優れるスキンケア化粧品

馬油だけで全てが良くなることはない、馬油だけでスキンケアは完璧だとも言い切れない。

しかし、馬油ほど効果のあるコスメは他になく、他のコスメには代わりがあっても、馬油に代わるコスメはない。

この冬に馬油を切らして数日すごして、どんなコスメを使っても馬油より優れた保湿湿潤効果のあるものはないと痛感し、ようやく馬油を買って顔に塗って、「何がなくとも馬油が基本」だと実感して、この記事を書いています。

ソンバーユという馬油を使い続けてきた理由

他の記事でも取り上げていますが、昨年2018年の夏頃から、薬師堂のソンバーユという馬油を、肌のお手入れや、肌トラブルの治療に使っています。

馬油は臭いのか?腐りやすいのか?
昔の馬油は臭い油だといわれていました。正確にいうと、馬油という名称で商品化される以前の馬の油は臭かったのです。しかし、油の酸化を防止してくれるビタミンEが発見されたお蔭で、馬油の油臭さはなくなり、他の油にはない効果効能だけが突出しています。

はっきりと申し上げると、ソンバーユという馬油を塗ったからといって、1週間や数週間で美肌効果が分かるとか、シワやたるみが目立たなくとか、誰もが驚くほどイケメンや美人になって急にモテ期がやってくるなんてことはありません。

あ、申し遅れましたが、この記事を書いているのは、イケメンになることを夢見ている男(管理人)です。

でも、ソンバーユという馬油を塗ると、1日中ずっと肌がしっとりしていること、夕方になっても肌のベタつきが少ないこと、とにかく何かが違うことはすぐに実感出来るので、イケメンにならないのに止めるに止められなく、今日まで馬油を使い続けています。

ソンバーユ 無香料 70ml
ソンバーユ
¥ 1,150(2019/03/09 19:04時点)

馬油は男女ともに良さを実感できる

このような馬油を使った感想は、男の私だけでなく、私がグイグイとすすめて、初めは胡散臭そうに渋々使っていた、美容にうるさい女性メンバー(当サイトのありささん)のほうが、より効果を実感しています。

今では、馬油を買い損ねて切らしてしまうと「馬油がないと困る!」とクレームがくるほど、彼女のスキンケアにはなくてはならないアイテムになっているようです。

馬油なくなったんだけど

うっ

そんなに困るなら常に2~3個常備してたらいいのに…とは言えませんが…

*3個セットなら楽天市場で買うのがお得です。ってなんとなく書いてみました。

特に乾燥する冬に馬油は必需品です

馬油を使いだすと、今までの冬の乾燥肌対策は一体何だったのか?

毎年いろんな乾燥肌対策コスメを使ってきたけど、馬油を使っている今の肌の感触にはならなかったよな?

なんで真冬なのにこんなに肌がしっとりしてるか?

でも、全然ベタつかないぞ?

ってことに気づきます。

いつもの冬は、寒さと乾燥で顔がピキピキしてヒリヒリしてカサカサして、べったりとベタついてたのに、ソンバーユという馬油を使っている今年の冬は全然違うのです。

平成最後の冬に馬油のすごさを知るなんて…

もし、たとえば5年前にソンバーユに出会っていたら、今の肌はもっと状態が良くて、今よりは絶対にイケメンになっていただろうに…

知らないということ、思いこまされるということは、こんなにも残念なことなのか、世の中には、シレっと本当に良いものが存在していて、そういうものはなかなか見つけることが出来ない。

きっとそういうもんだろうと思いながら生きてきましたが、まさか馬油がそのなかの一つだったとは。

「薬師堂のソンバーユ」こんな微妙な響きの馬の油

なのに!

ガンガン宣伝され、いかにも効果がありそうなネーミングと効果のありそうだけどよく知らない成分配合のキラキラしたコスメでは感じないスゴイ効果を持っていた事を知る平成最後の冬なのです。

ソンバーユという馬油が肌に良い理由

じゃあなぜソンバーユという馬油がこれほどスゴイのか、科学的な理由を説明するのはすごく面倒臭いです。

このような記事を書くくせになんだその言い方は!と怒られるかもしれません。

すいません。

冬の乾燥肌対策には馬油が絶対に必要で、使うのをやめられない効果を実感しているので、何が理由でソンバーユという馬油が肌に良いのかを調べて、理解しようという熱い思いがわかなくて…

きっとこの記事を読んでくれているあなたも、なんとなく効果がありそうな成分が配合されていて、角質層や真皮にどう働くからと専門的に説明してあるコスメのパンフレットをいくら読んでみても、それだけで絶対に効果がある、なんて判断出来ないとおもうのです。

あなたの目に映るのは「効果がありそうだ」と思わせるデザインやイメージ、そしてブランド名だけです。

どんな成分が、どのように、どの部分に効果があると書いてあっても、そんな事は大きな問題ではなく、言っちゃダメだけど言ってしまうと、使ってみて「良い!」と、ずっと感じていられるかどうか、だけが全てです。

どんなコスメでも、いろいろ調べて買って使ってみると、使い始めだけは「良い」と感じるでしょう。

でも、いつまでも、「これ以上に絶対に必要と思うコスメはない」なんてものはほとんどなかったはず。

だからまた、目新しい美容成分がいかにも効果ありそうなデザインやイメージで目に付くコスメを買ってしまうのです。

って、これって男選びと似ているんじゃ…う~ん…良い男って、良いコスメくらい見つけるのが難しい…と男の私がつぶやいていますが…

だから、私はソンバーユという馬油の持つ、肌に良い効果の理由をあれこれと書き並べることに、あまり意味を感じないのです。

しかし、一応の説明を書いておかないと、Googleの検索結果にこの記事が表示されず、誰にも読んでもらえません。

ソンバーユという馬油が冬の乾燥から肌を守ってくれること、どんなコスメよりもなくてはならないものだということをお伝え出来ません。

なので、ちゃんと理解していませんがソンバーユという馬油が肌に良い理由を書いておきます。

馬の脂肪と人の脂肪がとても似ているため

ソンバーユという馬油が、人の肌を守る効果がすごい理由は、馬の脂肪(馬油)が人の脂肪にとてもよく似ているからです。

馬油ほど人の脂肪に似ているものはない。

だから、当たり前のように人の肌を守ってくれる。

これが、馬油が冬の乾燥から肌を守り、肌トラブルを防いでくれる理由の全てだと言えます。

もう少し詳しくご説明すると、馬油は不飽和脂肪酸を多く含む油だということ。

不飽和脂肪酸は不安定で動き回って肌の奥に浸透する

不飽和脂肪酸の分子は強烈に結合分離を繰り返し、流動するからこそ、馬油は肌の細胞の極小の隙間に浸透していきます。

一般的に油は飽和脂肪酸が多く、飽和脂肪酸は安定していて分子が動き回ることも少なく、肌の細胞の隙間の上に油の膜を張るだけで、肌の奥まで浸透することはありません。

このような馬油の浸透力の高さこそが肌トラブルを防ぎ、どんなに寒い冬でも肌がしっとりしているのにベタつかない理由なのです。

他のコスメにはない良さを実感できるソンバーユという馬油には、良さを実感できる理由がちゃんとあるんですね。

amazonのソンバーユ購入者のレビューを読んでもらえたら、私が嘘くさい記事をでっちあげているわけではないことが分かってもらえると思います。

ソンバーユ 無香料 70ml
ソンバーユ
¥ 1,150(2019/03/09 19:04時点)

芸能界や美容業界にもソンバーユの愛用者は多い

このような馬油の優れた効果を感じて使い続けているのは、私の周囲の人たちだけではありません。

じつは芸能界や美容業界にもソンバーユという馬油の愛用者は多いのです。

でも、芸能人やモデルさんのインスタやアメブロで「ソンバーユ最高!」なんていう投稿を見かけないのは…?

ま、それは大人の理由ですよね。

それはさておき、美容研究家で有名な、あのIKKOさんも馬油を毎日のスキンケアに取り入れてるって知っていましたか?

こんな時だけ「あのIKKOさん」って言うのもどうかと思いますが、私と同じ男性で、しかも50歳を超えているのに、あの肌の艶はすごいなあと感心するし、どんな高価なコスメでも買えるほど稼いでいるIKKOさんが、誰でも買える馬油を使っているのは驚きでもありますね。

馬油で乾燥肌や肌荒れを防ぐ方法

馬油の使い方に決まった方法はありません。

IKKOさんはお風呂の中で馬油を塗って、しばらくそのままにしてから石鹸で洗い流すという使い方をしているようです。

公式サイトでもお風呂で馬油を塗ってから洗顔する方法が紹介されています。

そして当サイトの女性メンバーありささんも同じく、湯船に浸かりながらマッサージするように顔に馬油を塗り、しばらく浸透させてから酵素で洗顔していると話しています。

塗って洗い流してしまって効果なんてあるの?

って、思いますよね?

でも、この使い方で、肌の調子が良くなったという女性はたくさんいます。

これこそが、ものすごい浸透力を持つ馬油のすごさで、普通の保湿クリームには絶対にマネの出来ない使い方です。

男である私は、寝る前と朝仕事に行く前に馬油を塗って、メンズ化粧水つけて完了。

塗ったままだとベタベタしないの?って思われるかもしれませんが、ソンバーユという馬油は、塗った直後はベタベタしますが、10分も経てば不思議なことに肌に吸い込まれてしっとりするんです。

だから塗ったままでOK!

それに男なのでメイクしないし、馬油と化粧水だけ塗ってりゃ十分なのです。

女性でも朝に時間の余裕のある場合は、洗顔後に馬油を塗って、しばらく放置して肌に浸透したあとにローション、乳液、メイクをするという人もいます。

浸透力の高い液状の馬油なら朝のメイクにも使える

朝、出かける前に、乾燥した空気から肌を守るために馬油を使いたい。

けど、忙しい朝に馬油が浸透するのを待ってからメイクをする時間がない。

そんな人のために液状タイプの馬油がソンバーユシリーズに用意されています。

馬油を作る過程で比重の軽い液状馬油のみを採取して、真空蒸気精製した特製の液状純馬油です。

液状特性ソンバーユ

ソンバーユ 液 無香料 55ml
ソンバーユ
¥ 1,225(2019/03/20 05:07時点)

角層への浸透性に特に優れ、化粧下にも使いやすいタイプで、ピーリングなどをしなくてもソンバーユ液を塗るだけで化粧水が驚くほど浸透するのが分かります。

嫌な臭いはなく、ベタべたつきが気になりません。

もちろん他のソンバーユと同じく、ヤケド、湿疹、ニキビ、傷を治す効果にも優れ、口、耳、鼻の中にも使えます。

このように、馬油の使い方は人それぞれ、工夫して、自分にあった方法を見つけるのが良いでしょう。

ソンバーユはどこで買えるの?

ソンバーユは九州の薬師堂というお店の商品です。

薬師堂は業販もしているので、もしかするとあなたの近くのドラッグストアでも売っているかもしれません。

でも、なぜか、大手有名チェーンのドラッグストアには、ソンバーユを参考にして作られた他のメーカーの馬の油しか置いてなかったりします。

馬油といえるのはソンバーユだけで、ソンバーユこそが馬油であり、他のメーカーの馬の油はソンバーユと同じ馬油ではありません。
馬油の歴史を調べると馬油とはソンバーユ(尊馬油)のことだと分かる
馬の油を日本で最初に食品として商品化し馬油と名付けたのはソンバーユ株式会社の創始者、直江昶(なおえとおる)さんです。その後日本で初めて化粧品の成分として厚生省の許可を受け、名前を馬油からソンバーユ(尊馬油)に変えました。つまり馬油とはソンバーユです。

なぜ大手有名チェーンのドラッグストアはそのような馬の油だけを売って、もっとも長く研究され日本で初めて化粧品に認定された馬油であるソンバーユを扱わないのか不思議です。

なので、もし、近くに売ってなければ、楽天市場かamazonで簡単に購入できます。

値段も店頭販売価格と同じくらいで通販だから高いということはありません。

ソンバーユ 無香料 70ml
ソンバーユ
¥ 1,150(2019/03/09 19:04時点)

とにかく一度ソンバーユを使ってみてほしい

もし今あなたが冬の乾燥による肌トラブルに悩んでいるなら、ソンバーユという馬油を試してみてほしいです。

肌の保湿に効果があるコスメを探しているなら、ソンバーユという馬油を試してみてほしいです。

男性の肌、女性の肌、どちらにも馬油の効果はハッキリと分かります。

すぐにはイケメンにも美人にもならないですが、今すぐに使いだせば、何年か後には大きな違いが現れていることは間違いありません。

今あなたの肌が5年前の肌を維持していたなら、今あなたの肌はもっと調子が良かったはず。

今から5年前の肌に戻すのは、どんなに高価なコスメを使っても難しい。

だから!一日も早くソンバーユでスキンケアを始めましょう!

ソンバーユ No.7 60ml
薬師堂
¥ 1,990(2019/03/09 19:55時点)
ソンバーユとソンバーユNo,7の違いは何?美肌効果に差があるの?
薬師堂の1500円ほどのソンバーユと2500円ほどのソンバーユNo,7に効果の違いがあるの?ソンバーユNo.7のほうが美肌効果が高いの?馬油を試したい考えたとき疑問に感じることをスッキリと解説しています。あなたに最適なソンバーユを選びましょう。