セントジョンズワートはどのようにしてうつ病と戦うか

うつ病の人は2015年時点で世界で推計3億2,200万人に上り、その多くは正しい診断や適切な治療を受けられていないと世界保健機関(WHO)が公表しています。

多くの薬はうつ病を効果的に治療しますが、自然療法や代替療法を使用する人もいます。

セントジョンズワートは、何世紀にもわたってうつ病の治療に使用されてきた薬用植物です。

セントジョンズワートとは何ですか?

セントジョンズワートは、植物学的に百線虫と呼ばれ、黄色の星形の花を持つヨーロッパとアジアが原産の野生植物です。

オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草です。

伝統的に6月下旬のセントジョンズデーの頃に収穫されています。

セントジョンズワートの花や芽は、乾燥させてカプセルや茶にしたり、プレスして油や液体を抽出することができます。

セントジョンズワートは不安、睡眠障害および季節性情動障害などのうつ病および関連する状態を治療するために最も一般的に用いられています。

セントジョンズワートは通常カプセル、茶または液体抽出物の形態で経口摂取されますが、オイルとして皮膚に直接塗って使われることもあります。

米国では、食品医薬品局(FDA)の栄養補助食品として分類され、うつ病の処方薬としては承認されていません。

しかし、セントジョンズワートは米国では、うつ病の改善のため最も一般的に購入されるハーブ製品の1つです。

セントジョンズワートは野生の植物です。その花や芽は、うつ病やその他の関連症状の代替治療として一般的に使用されています。

どのように機能するのですか?

セントジョンズワートが体に与える影響は十分に解明されていませんが、抗うつ薬と同様に作用すると考えられています。

研究によれば、ヒペリシン、ハイパフォリン、アドヒパーフォリンをはじめとするいくつかの有効成分がこれらの利益を担っている可能性があります。

これらの成分は、セロトニン、ドーパミンおよびノルアドレナリンなどの化学伝達物質神経伝達物質の化学メッセンジャーのレベルを増加するとされます。

これらはあなたの気分を持ち上げて調整します。

興味深いことに、セントジョンズワートは、性的欲求の喪失など、処方箋抗うつ薬に共通の副作用のいくつかを持っていません。

サトウセントジョーンズワート 120粒
佐藤製薬
¥ 1,440(2019/02/27 12:47時点)
セントジョンズワートは、脳内のいくつかの化学伝達物質のレベルを増加させることによって気分を調節すると考えられます。

セントジョンズワートは抗うつ薬として有効かもしれない

うつ病の治療においてセントジョンズワートの使用を支持する強力な証拠があります。

2016年には35の詳細な研究が行われ、セントジョンズワートのうつ病への効果が証明されました。

主な研究結果は次のようなものです。

  • 軽度および中程度のうつ病の症状をプラセボよりも軽減
  • 処方される抗うつ薬と同様の程度に症状を軽減
  • 処方せん抗うつ薬よりも副作用が少ないと思われる
  • 性行為、抗うつ薬の共通の副作用を減らすようには思われない

ただし、重度のうつ病への影響についての研究は不十分です。

最近の別の研究では、セントジョンズワートと抗うつ薬の効果を比較する27の研究がありました。

この研究でもセントジョンズワートは、軽度から中程度のうつ病の抗うつ薬と同様の効果を示しています。

また、抗うつ薬と比較して、研究中にセントジョンズワートを摂取することをやめた人が少なかったことが判明しました。

これはセントジョンズワートの副作用が抗うつ薬より少ないためでした。

さらに、ある研究では、セントジョンズワートまたは抗うつ薬を服用している241人を対象とした別の対照研究では、抗うつ薬では70%の患者の症状が減少し、セントジョンズワートで症状が減少した患者は68.6%と、ほぼ同様の結果を示しています。

研究によれば、セントジョンズワートは、軽度から中程度のうつ病の治療において、抗うつ薬と同等に有効であり、しかし副作用は少ないと考えられます。

セントジョンズワートの潜在的な効果

セントジョンズワートは、次のような効果についても研究されています。

月経前症候群(PMS)

セントジョンズワートがPMSの症状を軽減するという研究結果があります。

ただし、他の研究では効果が無かったという結果もあり、さらに多くの研究が待たれるところです。

創傷治癒

皮膚に適用すると、効果的に褥瘡、傷、あざ、やけどや痔を治療することが見出されています。

閉経の症状

ある小規模な研究では、セントジョンズワートエキスを服用した後、閉経に関連した症状が有意に減少していることが分かっています。

季節性情動障害(SAD)

SADは冬に多く発生するうつ病の一種です。

SADの治療にセントジョンズワートサプリメントの使用を支持する研究結果があります。

がん

試験管試験では、セントジョンズワートに含まれるヒペリシンという成分が腫瘍細胞の増殖を阻害することが示されています。

しかし、他の癌治療薬との併用は推奨されていません。

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(OCD)を治療し、人々が喫煙をやめるのに役立つと主張する研究者もいます。

しかし、現在は、このようなの主張を裏付ける科学的証拠はありません。

セントジョンズワートは、PMS、創傷治癒および更年期の症状のための代替治療として有用であり得ることを示すいくつかの証拠があります。
サトウセントジョーンズワート 120粒
佐藤製薬
¥ 1,440(2019/02/27 12:47時点)

誰にとっても安全なサプリとはいえない

セントジョンズワートの抽出物は比較的安全なサプリメントであるようですが、摂取する前に考慮すべき点がいくつかあります。

セントジョンズワートの副作用

セントジョンズワートの抽出物を摂取する人々のほとんどは副作用を経験しません。

研究では、抗うつ薬に比べ副作用がほとんどない事が示されています。

しかし、睡眠障害、胃の不調、過敏症、疲労、皮膚発疹などの副作用を報告する人もいます。

さらに、発汗の増加、性機能障害および疲労のような軽い症状が出るという人もいます。

まれに、セントジョンズワートを摂取すると、皮膚と目が日光に敏感になることもあるようです。

これらの症状はほとんどが過剰摂取によるものと言われています。

そして、報告されている副作用のほとんどは、うつ病の一般的な症状であることに注意することが重要です。

妊娠への懸念

少数の観察研究は、妊娠中にセントジョンズワートの抽出物を摂取するリスクについて検討しています。

その研究のなかでセントジョンズワートは早産には影響しないことが判明しています。

しかし、研究の一つは、奇形のリスクのわずかに増加することを発見しました。

また、いくつかの研究では、セントジョンズワートが不妊治療を阻害する可能性を示唆しています。

しかし、出産後においては産後うつ病の改善のためにセントジョンズワートが推奨されることが多いのも事実です。

母乳育児への懸念

母乳育児への影響を調査した研究はごくわずかです。

母親がセントジョンズワートを摂取した場合、非常に低いレベルではあるものの、母乳にもセントジョンズワートの成分が含まれ、それが乳児にどのような影響を及ぼすかは分かっていません。

公的な研究結果がないので、セントジョンズワートの抽出物を妊娠中または母乳育児中に使用するのが安全かどうかを決定的に言うことは不可能です。

多くの一般的な薬物と相互作用します

セントジョンズワートは、多数の一般的に処方された薬物と相互作用してしまうことが分かっています。

ほとんどの場合、一般的に処方された薬物の効果が減少しますが、逆に過度に増加させることもあり、一般的に処方された薬物の副作用がより頻繁かつ重篤になる可能性があります。

セントジョンズワート以下の薬物と相互作用し悪影響があることが知られています。

抗うつ薬

抗うつ薬と併用すると抗うつ薬の副作用を増やすことがあります。

避妊薬

避妊薬とセントジョンズワートを組み合わせて使用​​すると、予期しない出血が発生することがあります。

また、避妊薬の有効性を低下させる場合もあります。

ワーファリン

ワーファリンは心臓発作、脳卒中または血栓を予防するために一般的に使用される血液を薄くする薬剤です。

セントジョンズワートはその有効性を低下させ、血栓のリスクを増加させることが判明しています。

がん薬物療法

セントジョンズワートは、がん細胞の増加を阻止する効果が認められていますが、いくつかの癌治療薬の有効性を減少することが示されています。

ザナックス

セントジョンズワートは、不安薬であるザナックスの有効性を低下させることが示されています。

セントジョンズワートは、多くの一般的な薬物と相互作用することが判明しています。あなたが現在他の薬を服用している場合は、セントジョンズワートをとる前に医師に相談することが重要です。

摂取を中止する際の注意点

セント・ジョンズ・ワートの摂取をやめる際の体調変化にも注意が必要です。

一定期間継続してセント・ジョンズ・ワートを摂取してから突然摂取をやめると、病気、めまい、不安などの症状を訴える人もいます。

安全のために、セントジョンズワートの使用を中止する際は、ゆっくりと用量を減らすことが一般的に推奨されています。

セントジョンズワートの副作用や危惧が報告されています。しかし、主な研究では、標準的な抗うつ薬よりも副作用が少ないことを一貫して示しています。

セントジョンズワートの摂取方法

セントジョンズワートは、錠剤、カプセル、紅茶、抽出エキス、および皮膚のためのオイルといった多くの形態で提供されています。

標準的なセントジョンズワートのサプリには0.3%のヒペリシンが含まれているとされます。

しかし、アメリカのFDAがセントジョンズワートを薬として認識していないことからも、製品によってヒペシリン濃度は大きく変わることがあります。

これにより正確な投与量を決定するのは困難になりますが、セントジョンズワートおよびうつ病に関するほとんどの研究では、1日3回300mg(1日900mg)の用量が使用されています。

カプセルまたは錠剤は、より正確な摂取量を把握するために有益です。

評判の良いメーカー購入することで、正確な投薬をさらに確実にすることができます。

サプリの有効成分の濃度が規定されておらず、正確な投与量を決定することは困難ですが、うつ病への標準的な用量は1日900mgです。

セントジョンズワートの効果まとめ

研究によると、セントジョンズワートは、軽度から中程度のうつ病を治療するうえで、抗うつ剤と同じように効果的であり、しかし副作用が少ないことが示されています。

さらに、いくつかの証拠は、PMS、創傷治癒および更年期の症状の治療のためのその使用を支持しています。

重要なことは、多数の一般的な医薬品との相互作用であり、セントジョンズワートを治療に用いる前に医師に相談することが重要です。

サトウセントジョーンズワート 120粒
佐藤製薬
¥ 1,440(2019/02/27 12:47時点)