女性ホルモンとバストの関係

女性ホルモンの働き

女性ホルモンは性差医学の分野でも活発に研究されている、女性にとって大変重要なホルモンです。女性ホルモンには強い免疫作用があり、風邪はもとよりガンにさえも男性に比べ女性は免疫があると言われています。

女性が男性よりも長生きするのは、一般的には男性の受けるストレスが原因と思われがちですが、実際には女性ホルモンが多いために女性は長生き出来るというのが性差医学の常識であり、通常高齢の女性にはほとんど分泌されなくなる女性ホルモンが、90歳を超える女性の血液中からは微量に採取されることが、その裏付けとされているようです。

このように女性ホルモンによって守られてきた女性も、やがて閉経を迎え、それは女性ホルモンの減少を意味するわけですが、その時期に体質に大きな変調をきたすことからも、妊娠、出産、授乳と男性に比べて過酷な状況が多い女性は、女性ホルモンによって守られていた事を実感するといっても良いでしょう。

女性ホルモンがいかに女性を守るのに重要であるのか、ご理解いただけたでしょうか?その女性ホルモンの大きなもう一つの役割が、皆様よくご存じの女性らしい体を作る働きです。

女性ホルモンは一つではありません

女性ホルモンには種類があることをご存じでしょうか?バストの重要な組織の一つである、乳腺の発達に大きく関わっているのがエストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)です。これらを総称して女性ホルモンと表記されている事が多いのですが、各々の働きは同じではありません。それぞれの特徴をまとめてみました。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲストロンは、排卵後に分泌量が増え始め、生理前に分泌量がピークに達するホルモンで、子宮内膜を柔らかくする働きや、メラニンの働きを活発にする作用などがあります。さらに、プロゲストロンは乳腺の発達にも影響してくるホルモンで、生理前に胸が張って痛い、という女性がいるように、バストアップに関わる重要な要素になっており、無理なダイエットなどによりホルモンバランスが崩れると、生理不順などの他に当然バストにも悪影響が出てしまいます。

プロゲストロンの分泌が少ないと、無月経や生理痛、生理不順といった月経異常のほか、妊娠しにくかったり、妊娠しても流産や早産になる可能性もあるようです。女性として正しい体調を維持するためにもプロゲストロンの正常な分泌を維持することが重要です。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは男女共に体内で合成分泌され、微妙なバランスで生殖機能だけでなく身体全体の重要な生命の営みを維持するしくみに関わっています。

一酸化窒素や代謝物質を介して血管を拡張させることにより、動脈硬化や高血圧、心筋梗塞、高脂血症などの予防をしたり、脳機能の活性、骨の破壊を保護するなど八面六臂の大活躍をしています。また最近ではアルツハイマー、パーキンソン病の予防と治療に有効であることもわかっています。

さらに女性の場合エストロゲンは、性機能の発達と妊娠機能を司っていますが、卵巣機能の低下に伴ってエストロゲンの分泌量が減少すると更年期障害を引き起こします。また分泌バランスの乱れにより生理不順や不妊の原因ともなり、善玉コレステロールを減らす原因にもなります。

女性ホルモンのバストへの働き

女性ホルモンが女性の胸を大きくする働きを簡単に述べますと、まずエストロゲンが乳腺や乳管の発達に作用します。その後プロゲステロンの働きによって腺胞や腺小葉と呼ばれる母乳を蓄える器官が発達し胸は大きくなっていくのです。

つまり女性ホルモンが多いと、乳腺と乳脂肪が肥大!バストの大きさは乳腺と乳脂肪組織の大きさで決まります。

そして乳腺と乳脂肪組織大きさは、女性ホルモンの分泌量によって決まるのです。

このような理由からバストアップのために、プエラリア・ミリフィカなどのサプリを食べて女性ホルモンを働きを補うという方法が用いられ、多くのバストに悩める女性に支持されているのです。

しかしながらアナタのように、女性ホルモンと同じ働きをする成分に不安を持つ女性が多いことも事実です。プエラリアミリフィカや大豆には女性ホルモンと似た働きを持つ成分が含まれ、それがゆえに善悪様々な諸説が言われ、バストを大きくしたいと悩む女性を惑わすのですが、はっきりとした研究結果が出るのは、まだまだ先のようです。

ですから、もしもアナタが「やっぱり効果がありすぎるプエラリアミリフィカのバストアップサプリは心配」とお考えならば、ライフスタイルや食事に取り入れ、徐々にバストアップする自然な方法、あるいはバストマッサージなどをお薦めいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする