バストの組織と構造

バストは90%の脂肪と10%の乳腺から出来ている

大事な乳腺を守る為にそのまわりに脂肪がクッションのようにつき乳房の形を作っています。簡単に言えば乳腺が発達すると多くの脂肪で守る必要があり乳房が大きくなるわけです。

これは女性が産後に骨盤が開き内臓が下がる為にその内臓を守ろうと脂肪がつき、下腹部がぽっこりと出てしまう原理と同じです。脂肪は大事な臓器や器官を守るためにつくので、基本的にスリムなのにバストが大きい、あるいは下腹部だけがぽっこり出ているという事が起きるわけです。

よってこれから自然なバストアップを目指す為には、女性ホルモンの正常な分泌を促進して乳腺を発達させる事と、大きくなった乳腺が必要とするバストの脂肪を、良質なタンパク質などをもとに育てていくことが必要なのです。

バストの組織と役割

  • 大胸筋
    乳腺、脂肪組織を下から支える役目を果たします
  • 浅胸筋膜
    大胸筋の表面にあり、乳腺と結合して乳房をふっくらと盛り上げています
  • 乳腺
    母乳を作る乳腺葉と、母乳が流れていく乳管からなっています
  • 脂肪組織
    乳腺を守ると共に、バストの張り、丸み、柔らかさなど、バストの大小を決める大事な要素です
  • 皮膚
    すべてを包み込んで重いバストを支える役目を果たします

バストはどうして小さくなり、垂れてくるのでしょうか。

実はバストの構造的な問題があるのです。上の図で解説している、バストを支えている大胸筋という筋肉が老化し、重力に耐えられなくなると、バストに張りがなくなる、小さくなる、下に垂れる、などの悪い影響を及ぼします。当然お手入れやトレーニングをしないで放っておけば、年齢と共にバストがたるんで下がってきます。

しかし大胸筋を鍛えてバストの脂肪組織を持ち上げることはできても、皮膚が弾力を失ってたるんでいればバストを支えることはできませんし、根本的に乳腺が衰えてくると、守る為に必要な脂肪も少なくなりバストは小さくなっていきます。つまり土台となる脂肪が十分あり、大胸筋と皮膚が相互に作用して脂肪を引っ張り上げ、バストの美しさを保っているのです。

現在のバストに満足している女性でも、その美しさを保つためには、乳腺の発達による脂肪の増大、肌(皮膚)のケア、大胸筋のトレーニングが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする