プエラリア・ミリフィカ過剰摂取の基準

プエラリアの摂取量は1日400mg以下となるよう自主規制

プエラリア・ミリフィカがバストアップに効果があるとして、日本市場に出回りはじめた当初から、1日400mg以上摂取すると副作用があるかも、と控えめに言われてきました。

2000年頃以降に発売されたバストアップ系サプリで、プエラリア・ミリフィカを一日あたり400mg以上摂取するよう指示されていたものは私の記憶にありませんので、メーカーも自主的に400mgを一つの目安としてきたはずです。

しかし、最近になって

プエラリア・ミリフィカの原産国であり、プエラリア・ミリフィカの研究では先進国のタイで、1日あたりのプエラリア・ミリフィカ成分摂取量が100mgを超えるサプリなどは、効果が強すぎるとして規制された、という情報を得ました。

私もこのサイトで「プエラリア・ミリフィカに限らず、塩や砂糖、空気さえ過剰に摂取すれば副作用がでます。まずは少量から試してください」と注意喚起してきましたが、ここにきてようやく一つの指針が示された事に安心しました。

現在販売されているプエラリア・ミリフィカのサプリは、ほとんどが一日あたりの成分摂取量100mgを超えています。300mg以上となる商品も多数ありますので、使用中の方は今一度ご確認のうえ、摂取量を調整することをおススメしますし、バストアップ効果を急ぐあまり、指示された容量以上を服用することは絶対にやめるべきです。

日本国内のバストアップサプリ製造メーカー

は、タイの有名な研究機関の情報だけを頼りに、プエラリア・ミリフィカ製品を製造販売しているのが実情であり、どうしても情報が伝わるのに時間がかかり、バストアップを望む女性が的確な情報を得る事は難しいのが現実です。

よって日本では「プエラリア・ミリフィカは本当に安全なの?」「プエラリア・ミリフィカに副作用はないの?」という疑問に的確に答えてくれる情報を今だ得ることが出来ず、さらには「本当にバストアップ効果があるの?」という疑問を抱いたまま、ブログなどに寄せられる真偽が定かでない情報だけを参考に、ほとんどの女性が半信半疑でプエラリア・ミリフィカのサプリを購入しているのではないでしょうか?

そんな状況に「それみたことか!やっぱり危険じゃないか!」とタイの販売規制の情報を捉える女性も少なくないかもしれません。が、タイの「プエラリア・ミリフィカ100mg以上配合のサプリは販売禁止」は何を意味するのかを、もう少し冷静にお考え下さい。

プエラリア・ミリフィカの原産国

であり、プエラリア・ミリフィカ先進国のタイでは「プエラリア・ミリフィカは1日100mg以下なら継続的に摂取しても安全である」と公的機関が示したのです。

私たちが日常使用する食品で置き換えていうなら、「塩は絶対に人間に必要不可欠ですが、毎日大量に摂取すれば健康を損なう危険があります」というだけの単純な事なのです。

また根本的に、サプリなどに濃縮されていないプエラリア・ミリフィカを、そのまま食べることには問題がないのです。

私は決してプエラリア・ミリフィカ信者ではありませんので、皆さんを煙に巻いて「さあ!これで安心してプエラリア・ミリフィカのサプリが買えますよ!」と言う気は全くありませんが、「プエラリア・ミリフィカって本当に安全なの?」と不安を持っている女性に対して、「原産国タイでは安全を考慮して1日100mg以下と規定された」こと「購入したバストアップサプリは1日100mg以下になるよう分けて(砕いて)服用すれば安全といえるでしょう」と、少しでも多くのバストアップに悩める女性にお知らせ出来ればと願っております。

仮にそのように使用するなら

2ヶ月分で2万円もするレディースプエラリア99%(1粒330mg)でも6ヶ月かけて服用することが出来て、安心かつ経済的、私は絶対にこの使用方法が良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする