紫外線対策の基本UVカット折りたたみ日傘のおすすめは?

この記事は約5分で読めます。

真夏の日差しからお肌を守り、日焼けやシミを防ぐには、紫外線対策の基本とも言うべき、UVカット日傘が必須です。

UVカット日傘を選ぶポイント

紫外線対策のためにUVカット日傘を買ってから後悔しないために、UVカット日傘を選ぶ時に気をつけるポイントを押さえておきましょう。

紫外線遮蔽率

UVカット性能の高さは必須条件です。

ものによっては紫外線カットタイプという表記しかなく、どれくらい紫外線がカットされるのか分からない日傘もあるので要注意。

紫外線遮蔽率が99%以上のUVカット日傘を選びましょう。

紫外線遮蔽率以外の性能表示

UVカット日傘の中には紫外線遮蔽率(UVカット率)以外にも、遮光率や、遮熱性能、紫外線保護係数UPFなどが表記されていることもあります。

それぞれにどんな意味があるのか理解しておくことで、紫外線対策効果の高いUVカット日傘を選ぶ際の目安にしましょう。

遮光率

遮光率とは遮光カーテンでお馴染み、昼間でもカーテンを閉めると真っ暗になる、日光を透過させない度合いを示しています。

遮光率100%の日傘なら真上からの日差しを完全に遮ってくれます。

遮熱性能

遮熱性能は太陽の熱を遮ってくれて、頭上からの太陽の熱が伝わるのを防ぐ効果のことです。

遮熱性能が高い日傘は、差していると本当に涼しく感じる場合もあります。

UPF

UPFとは、オーストラリアやニュージーランドなど深刻な紫外線トラブルを受けやすい、言わば紫外線対策の先進国で用いられている、衣類の紫外線保護係数です。

衣類が紫外線や日焼けからどのくらい肌を守ってくれるかを表しています。

数値は「50+~40」「35~25」「20~15」の3段階に分かれており、この数値が表しているのは「SPF」「PA」と同様、日焼けするまでの時間の差です。

例えば、10分間紫外線を肌に浴びてできた日焼けと同じ程度の日焼けをするのにかかる時間が算出出来ます。

表示が「UPF50」であれば、10分×UPF値50=500分。つまり、その日傘を差していると、同じ程度の日焼けをするのに500分かかるということになります。

携帯性の良さ

持ち運ぶのが面倒だと、ついつい日傘を差さずに真夏の突き刺す日差しを浴びてしまうことになります。

そこで私が選ぶなら、絶対に折りたたみ式の日傘を選びます。

長い傘を手に持ち歩くのは大変です。

折りたたみ日傘をいつもかばんに携帯しておき、必要なときはいつでも使えることが重要です。

軽量コンパクト

折りたたみ日傘にも大きさ、重さの違いがあります。ただでさえ、なんでこんなにいろんな物がかばんの中にあるのか謎なのが女性です。

総重量が軽く、たたんだ時の大きさがなるべく小さい日傘を選びましょう。

広げた大きさ

広げた大きさは、全方向の日差しから守るためには100cm前後は必要です。

それよりも小さい日傘では十分な紫外線対策が出来ません。

また105cm以上あると、緊急時に二人で一本の傘を差してもなんとかしのぐことが出来ます。

骨組みの丈夫さ

折りたたみ傘は強風で簡単に壊れるというイメージを持つ人も少なくないでしょう。

ですが骨組みが8本以上あり、グラスファイバー製だと、強風時にも安心して使える折り畳み傘は多いです。

また逆に骨組みを6本にして、あえてしなやかな作りにして強風にあおられても折れたりしないよう、工夫された折りたたみ傘もあります。

ワンタッチ開閉ボタン

ワンタッチボタンを押すと自動で開いてくれる折りたたみ傘は、荷物を持っているときにとても便利です。

しかしその構造分だけ重量は増えるので、軽さを選ぶか、便利さを選ぶか、考える必要があります。

閉じる時にポキポキしなくてもよい仕組みも必須

日傘の開閉がボタン一発であろうとなかろうと、閉じる時にいちいち骨をポキポキ折らないと片付けられない日傘は不便でナンセンスです。

閉じた後は、骨をポキポキしなくてよい折りたたみ日傘を選びましょう。

晴雨兼用タイプ

雨には使えない日傘では常にかばんに携帯しておく値打ちがありません。

四季を通じ、雨でも晴天でも安心して使える晴雨兼用タイプのUVカット日傘を選びましょう。

保証の有無

通常の使用で骨が折れたり、開閉出来なくなったりした場合の保証があると安心して購入できます。

以前は壊れたら捨てるだけ、折りたたみ日傘にメーカー保証があるなんて思ってもいませんでしたが、最近は中国製でも日本製より優れた商品が多くなっています。

折りたたみUVカット日傘ランキング

Amazonで購入者の満足度が高く、かつ、私が選ぶポイントをちゃんと押さえてあるUVカット日傘をご紹介します。

皆さんの紫外線対策に是非お役立てください。

KIZAWA折りたたみ傘 晴雨兼用タイプ

紫外線遮蔽率99.9%遮光率100%UPF50+広げた大きさ100cmたたんだ長さ27cm重さ340g骨組み8本グラスファイバー素材 ¥2,080

Amazonベストセラー商品。紫外線遮蔽率99.9%遮光率100%UPF50+と高性能。広げた大きさは100cmで、一人で使うなら十分な大きさです。重さも350gと軽量なので、いつもかばんに入れておける使い勝手の良さがあります。骨組みも8本グラスファイバー製なので簡単に壊れる心配はありません。2年間の保証付き。ワンタッチボタンで開閉、閉じる時のポキポキ不要。撥水加工済み。

Cuby「海棠の花」折りたたみ傘 晴雨兼用タイプ

紫外線遮蔽率99.9%遮光率100%UPF50+広げた大きさ98cmたたんだ長さ28cm重さ331g骨組み8本グラスファイバー素材 ¥2,000

こちらも紫外線遮蔽率99.9%遮光率100%と高性能ですが、さらにこの日傘は遮熱コーディング加工も施されており、頭上の暑さを遮ってくれます。軽量コンパクトですが、太い骨組みが使われており、大雨や強風でも安心して使えます。支柱のアルミ素材にも防錆コーティングが施され、四季を通じて長く使える折りたたみ傘です。落雷保護石が付いているのも特徴です。120日の保証付き。ワンタッチボタンで開閉、閉じる時のポキポキ不要。撥水加工済み。

Flinelife折りたたみ傘 晴雨兼用タイプ

紫外線遮蔽率99.9%広げた大きさ106cmたたんだ長さ18cm重さ220g骨組み6本グラスファイバー素材 ¥2,088

とにかく軽くて携帯しやすい折りたたみ傘をお探しならこちら。折りたたんだ大きさはiphoneとほぼ同じサイズの18cmにもかかわらず、広げた大きさは106cmもあり、真夏の日差しをカバーするのに十分な日陰を作ってくれます。骨組みは6本なので、強風にはやや弱いですが折れたりしないしなやかな作りになっています。傘の端には刺繍が施され、おしゃれで上品な印象を与える折りたたみ傘です。1年間の保証付き。閉じる時のポキポキ不要。テフロン撥水加工済み。

母の日のプレゼントにも絶対喜ばれて間違いないのが、これからの季節に大活躍する折りたたみ式のUVカット日傘です。

お値段もお手ごろなので、いざという時にぱっと使えて紫外線を防ぎ、日焼け、シミ、そばかす対策が出来る、折りたたみUVカット日傘は夏の必須アイテムです。

日傘に取り付けると効果抜群のハンディ扇風機で猛暑を乗り切る

紫外線対策だけでなく、今年の夏の異常気象による猛暑対策のためにも日傘の重要性は増すばかりとなっていますが、日差しを遮ってくれる日傘にハンディ扇風機を取り付けている人が多くなっています。

紫外線による日焼け対策だけでなく、猛暑の熱中症予防にもなる日傘+ハンディ扇風機の記事をご紹介しておきます。

充電タイプで安いハンディ扇風機のおすすめランキング2019
小型携帯扇風機といえば、一昔前だとテーマパーク内で足元をみたボッタクリ価格で売っているものでしたが、最近では中国系のメーカーが使いやすくて高性能な充電タイプのハンディ扇風機を作っているので、ハンディ扇風機を選ぶ際のポイントと、使った人の評価も高いハンディ扇風機ランキングをご紹介します。
紫外線対策に色の濃いサングラスをかけるのは逆効果だった!
紫外線対策の為に色の濃い紫外線カットレンズをつけたサングラスをかけると瞳孔が大きく開き、サングラスの横から入ってきた紫外線が、大きく開いた瞳孔から体内に入ってしまい、メラニンの生成を促進して、いくら日焼け止めを塗っても日焼け反応を起こしてしまうのです。
タイトルとURLをコピーしました